Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.28 Tue  無事帰国!
ただいま~
今日の夕方、無事に帰ってきましたよ。

絵葉書、ちゃんと届いたみたいですね
よかったです。
メールやコメントのお返事はまた改めて。

おやすみなさい☆
スポンサーサイト
2010.09.27 Mon  帰国
帰国の日
曇り空のドォーモ朝起きると、むっさ雨降ってました。
ドォーモの屋根に上りたいのに、どうしよう?
ベッドの中でぐずぐず
朝食食べて、荷作りしてると、やっと小降りになってきたかも!
チェックアウトの時間ぎりぎりまでお部屋でぐずぐずしてたら、無事雨はやみました。

昨日買った1日券で、ドォーモへ
天気が悪いとゴシック建築は大変おどろおどろしい・・・(-"-)

ドォーモの屋根ドォーモの屋根
ドォーモの屋上
左が正面側から奥を見てる状態(修理中)
右が奥から正面側を見てる状態(真ん中の三角形が上の写真の真ん中の三角形部分の裏側)

ドォーモの壁
 きれいな飛び梁


 もちろん、ミラノのドォーモにもガーゴイルがいます。
ドォーモのガーゴイル
かわいい☆


パンツェロッティ(揚げピザ)
屋上から降りて、パンツェロッティ(揚げピザ)を買いに行きました。
本日のパンツェロッティはチーズとトマトだったので、それに。
つか、チーズとトマトは定番じゃないの?

アツアツでおいしかったです♪

ドォーモ内のステンドグラス
今度は、ドォーモの中へ
ものすごく曇ってたのが、晴れてきました。
ステンドグラスに日が差して、きれいでした。
見られてよかった!

地下へ続く階段があって、看板があったんですが、イタリア語が読めないので、なんの階段かなぁとぼんやり見てたら、おばさんが話しかけてきました。
と思ったら、おっさんでした。
建築家なんですて。
ドォーモの屋根には小さく穴があけてあって、そこから差しこんだ光と床のモザイクで日時計となってるそうですよ。

空港にて
ホテルに戻って、スーツケースをピックアップして、ミラノ中央駅へ
今度はタクシーを使わず歩いていきます。
なんとかなった!

バスで空港へ
空港の空が広かったです。
夕方カイロへ

らくださんたちムスリムさんたち
カイロに着いたら、ラクダさんとムスリムさんたちがお出迎えしてくれました。
やっぱりかわいいな
半分ただいま!

エジプトエアは搭乗時のチェックが厳しかったです。
免税店の袋に入ってない飲み物は全部取り上げられていました。
みほおは免税店でエジプトのビール2缶と、普通の飲食店で1缶買ってたんですが、X線チェックの時に見せろと言われて、カバンの奥のほうにあった免税店の袋を引っ張り出したりしてたら、袋に入ってなかった方には気づかれず、取り上げられずに済みました。

深夜日本へ出発、翌日の夕方関空に到着しました。

2010.09.26 Sun  フィレンツェ ⇒ ミラノ
フィレンツェ、最後の日
蚤の市開催日なので行ってみよう!
とホテルを出て、シニョーリア広場まで来ると、マラソンしてますよ。
ゴールがこの広場みたい。
どんどんランナーがゴールしてますが、みほおが気になるのは、鼓笛隊と旗手ですよ。↓
Maneggio della bandiera?
旗手たち 旗手たち
二人の旗手
フィレンツェの旗を投げたり、飛ばしたり、ひらひらさせたり
赤基調の衣装組と青基調の衣装組の対戦っぽい感じで、旗でチャンバラみたいなことしたり
かっこいい!

ずーっと動いてるので、なかなかうまく写真に撮れないこともあって、異常な枚数の旗手たちの写真を撮ってしまいました。
旗がきれいに見えるのを選んでアップしてみましたよ。


しつこく最後まで見てから、蚤の市へ
蚤の市 蚤の市
見る人が見たら、掘り出し物も見つかるのかもしれませんが、みほおはさっぱり分かりませんでした。
でも、荷物になるとか、値段がわからなくて怖いとかがなければ、こまごま買っちゃうかもなぁ
記念に小さい金色のボタンを一個だけ買いました。

パッパ・アル・ポモドーロ ズッキーニの花のフリット
お昼ごはん
オルヴィエート周辺ツアーのガイドさんがおいしいって教えてくれた、パッパ・アル・ポモドーロ(パンのトマト粥)がメニューにあったので、頼む。
ズッキーニの花が店の中にいっぱいおいてあったので、指さしてみたら、パスタにしたらすごくおいしい!っておすすめされたんですが、パッパ・アル・ポモドーロがパンなのに、パスタってどうかな?って思って、フリットでお願いしました。

パッパ・アル・ポモドーロ、むっさおいしい!
こゆい味だったので、パンにつけて食べた。
パンをパンにつけるとは、チャーハンをおかずに白米を食べるようなものなのでは・・・?

ズッキーニのフリットもかりっとしてて、おいしかったです。
ただ、量が多すぎて、油ものだし、最後はげふーって感じになってしまいました。
パスタにすればよかったかなぁ?

食後、また街をぶらぶらして、そろそろ電車の時間になったので、駅へ向かいます。
駅の案内 これに乗った
車窓から
ミラノへ向かう車窓の眺め

駅からタクシーでホテルへ
駅とホテルはとても近いので、歩いて行こうと思ったんですが、またしても石畳に心が折れました。
運転手さん、近くてごめんね
チェックインして、お出かけ
あたくちったら、日本では考えられないくらい活動的だわ・・・
また駅に戻って、1日交通券を購入。
ミラノの1日券の素晴らしいところは、24時間券なところです。
その日1日有効じゃなくて、使用開始から24時間有効。
なので、夕方買うと、翌日の夕方まで使える。
みほおは明日の午前中は、ミラノをうろついて過ごしたいので大変すばらしいチケットです。

サンタンブロージョ教会
サンタンブロージョ教会
ミサの最中でした。
部外者がうろついててごめんなさい

次に歩いてサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会へ
教会の前の列柱はローマ時代のものですって

サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会 サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会前の列柱
トラム
せっかく1日券を買ったので、トラムに乗ってみました。
「DUOMO」って書いてあり、確実にドォーモに行くのが分かったので(笑)

で、無事ドォーモ着

夕日のドォーモ
やっぱり素晴らしく美しいミラノの大聖堂
夕日が当たってきれいです。

ミラノコレクション中だったので、ドォーモ広場にはイベントのステージができていました。
おされなファッションピーポーがうようよしてたんでしょうが、みほおはさっぱりご存じないので、混んでていやーねってだけの感想です。


みほおがドォーモ広場を歩いてると、知らない人にがしっと手首をつかまれて、なになに!?ってびっくりしてると、手のひらにトウモロコシの粒を載せられました。
そうしたら、鳩が山盛りトウモロコシをつつきにばっさばっさと寄ってくるわけですよ。
怖い!怖い!
トリインフルエンザとかいろいろ頭をよぎりました

のー!って叫んでも、がっしり手首を握られたまま
どうやら、鳩寄せして、それで写真を撮れって言ってるみたい。
写真撮ったら離してくれるの!?と思って、必死に写真を撮りましたが、手を放してくれません。
トウモロコシがほぼなくなって、鳩がどっか行ったら、やっと手を放してくれました。
ほっとしてたら、お金を払えって言ってきましたよ。
怖かった反動で頭に来て、大阪弁で

嫌って言ったのに、自分が勝手に手に載せてきたんやん!
勝手に!勝手に!ヾ(`Д´)ノ


と支離滅裂気味に叫んだら、恐れをなしたのか引き下がりました。
でも、ほんとに鳩が怖かったんだもん。
怒ったときは母語で切れ気味にやるといいようです。
みほおは大きな声を出しなれてないので、叫んだっつっても大したことなかったんだろうなとは思いますが、みほお的には10年に1度くらいの大声でした。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア気を取り直して、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアへ
言ってみれば、ゴージャスな屋根つき商店街ですね
幸運の雄牛
ガッレリアの中ほどに、雄牛のモザイクがあります。
牛の後ろ足にかかとを置いて、くるっと1回転すると幸運が訪れるそうですの。
みんなやるので、後ろ足に大きなくぼみができてます。写真でわかるかしら?

で、もちろんみほおもやりたい。
でも、お子さん方がやってるのを割り込むのは大人げないので、じーっと待ってたわけですよ。
そしたら、インド系っぽい女の子がやったあとに、お父さんが写真撮ってあげるから、やるといいよって言ってくれました。
ひとりでくるっと回るのも恥ずかしいなと思ってたので、渡りに船とばかりにくるっとします。
おっさん、撮ったよ!と嬉しそうにカメラを返してきました。
みほおもにこやかにありがとう!と受け取る。
写真を確認すると、みほおの上半身しか写ってない。

ちょっと!
雄牛が写ってなければ、ただのポートレートじゃないのヾ(`Д´)ノ彡

スカラ座
ほんとなにやってんの、おっさん
とあきれつつも、親切にしてくれたこと自体は感謝してますよ。
ありがとう。
写真も、記念に一応削除せずにおいておきます。
目をつぶってるし写りも悪いけど。
スカラ座
有名な割に建物は割と地味です。


2010.09.25 Sat  キアンティへ
ホテルのテラスからの眺めいいお天気です。
夜のうちに雨が降ったので、空がクリアな気がします。
気のせいかもしれないけど。

今日は、バスに乗ってキアンティのほうへ行ってみます。
まず、グレーヴェインキアンティに行って、ワインを試飲してみよう!
そして、お隣のパンツァーノインキアンティで、有名なお肉屋さんのランチを食べよう!
という計画です。

朝のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会
が、みほおがバス会社のHPで調べたバスの時間がさっぱり違ってたようで、両方は無理っぽい・・・
バスの本数が少ないの。
パンツァーノに絞ることにしました。
そして、バスの時間が90分後・・・

待ち時間にサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を見学。

キャンティの風景
バスからの眺め

キアンティはワインで有名で、一面にブドウ畑が広がります
ピンぼけてるけど、手前の黄緑色はブドウの木です。
多分。


パンツァーノ到着!
さっそく、ごはん
マックダリオ カフェ
MAC DARIOというお店。
お肉屋さんが「これがうちらのファストフードさ!」ってやってる感じみたいです。
普通のレストランもありますが、みほおは一人なので、ファストフードで。

でっかいハンバーグです。
中はレアで、三種類のソースで食べます。
おいしかったですが、みほおはひき肉好きじゃないんで、まぁそこそこおいしいってくらい。
ひき肉を見直すきっかけになるかと期待してたのに。
コーヒーについてた素朴なケーキがむっさおいしかったです☆

でも、お店の人が親切で、楽しいランチでした。
大きいテーブルにみんな相席で座るんですが、周りのお客さんも食後酒(強い!)を分けてくれたり、優しくしてもらえました。
人見知りの子にはちょっとつらいけど、嬉しい時間でしたよ。

パンツァーノの風景
食後、バスの時間までパンツァーノをうろうろ
小さい町なので、あんまり見るところはありません。
きれいな風景が一番の魅力
めずらしく、パノラマで写真を撮ってみましたよ
パンツァーノの教会
パンツァーノの教会
素朴な可愛い感じの教会でした。
内部は殺風景でした。

MAC DARIOを出る前に、トイレに行ったのに、また行きたい・・・
ワインや水をいっぱい飲んだせいか?
道端のまったくおされ感のないバールでカフェを頼んで、トイレを借りました。
コーヒー好きじゃないのに、コーヒー・・・

バスに乗って、フィレンツェにもどります。
途中、バスに酔ったのか気持ち悪くなったりしつつ・・・

大砲 鼓笛隊
フィレンツェに戻ってくると、カラフルな中世の衣装を着て、大砲を打ってる人たちや、鼓笛隊がいます。
なになに?

キアラ牛(?)が引いたワインの山車 ワインの売り子さんたち
白い牛が引いた、キャンティワインの山車がやってきます。
ワインでいっぱいの荷車に、昔の農民っぽい格好をした娘さんたちが売り子になって、ワイン売ってます。
ワイン祭りなのかな?
みほおも買いたかったけど、荷物が重くなるので、我慢しました。
ちぇっ!
中世の服装の女の子たち
ドレスを着た娘さんたちの集団
撮ってもいい?って聞いたら、ちょっと笑ってくれました。
そして、謎の果物をくれました。
なぞのくだもの
なんだかわからないので、手に持ったままにしてたんですが、そばにいた人が、食べられるよとジェスチャーして教えてくれたので、かじってみたら、なんかリンゴっぽいような味でした。
水分少ないりんご
この果物はいったいなんだったんでしょうか?

マーブル模様の作り方色々 お店のおじさん
しばらく行列を見た後、マーブル紙屋さんに行きました。
おじさんがいろんな種類のマーブルの描き方を見せてくれました。
お礼に、山盛りお土産を買い込んでやりました。
おじさん、ラッピング大変。
ひゃっはー!
2010.09.24 Fri  フィレンツェぶらぶら
午前中は、ストロッツィ宮殿の美術館で『ブロンズィーノ展~メディチ家宮廷付き芸術家にして詩人~』
よかったです。
すっごく。
イタリア語は読めないので、英語の説明を必死に読んでました。
理解しながら見ると、またたのし。
多分かなりの勘違いがあると思うけど。

昨日のウフィッツィのチケットを見せたら半額でした。
ラッキー☆
メリーゴーラウンド
ブロンズィーノをじっくり堪能した後、ストロッツィ宮殿から共和国広場に抜けたら、メリーゴーランドがありました。
なんかかわいい
街中にあるメリーゴーランドは、遊園地にあるのより、おしゃれな気がしちゃいますね


トリッパのパニーニ屋さん トリッパのパニーニ
ぶらーっとうろつきながら、屋台のパニーニ屋さんへ
大人気みたいで、すごく混んでました。
おじいちゃんがトリッパで息子がランプレドットのパニーニ担当。
最初よくわからずに、息子のほうに適当に並んでたら、ランプレドットのほうが人気みたいで、さっぱり順番にならない。(多分割り込まれてたりした・・・)
比較的すいてた、おじいちゃんのほうのトリッパを食べました。
おいしかった☆
ランプレドットも食べてみたかった!
おとといのトリッパ、昨日のランプレドット、本日のトリッパと内臓ばっかり食べてますね
日本じゃほとんど食べないのに。

ポルチーニ? 市場
パニーニを食べ終わった後、またぶらぶら歩きながら、フレンツェ初日の中央市場とは別の市場へ
こっちのほうが地元の人の市場みたいでした。
ポルチーニが山盛り
スキアッチャータ・アッルーヴァ(Schiacciata all' uva)
秋の一時期にしかないらしい、ぶどうのスキアッチャータ(フォカッチャのフィレンツェ方言?)
おいしいらしいと聞いてたので、パン屋さんで買ってみました。
うーん・・・
割とおいしいんですけど・・・
種もプチプチとおいしいって書いてあったんですが、みほおは苦手かも。
種なしだといいのに。
パニーニを食べた後だったこともあり、食べきれませんでした。

サンタクローチェ広場
また、ぶらぶら
サンタクローチェ教会
きれいなファサードです。

教会前の広場では、ビールフェアっぽいイベントをやっていました。
飲みたかったけど、一人だとなんだか参加しづらい・・・
ちぇっ!

ミケランジェロ広場への階段
ビールに気をとられつつ、またぶらぶら
ミケランジェロ広場へ向かいます。

広場へ向かう階段
なんか、写真だとすごく素敵な並木道みたいに見えるな・・・


ミケランジェロ広場からの眺め
ミケランジェロ広場到着!

小高い丘の上なので、フィレンツェが一望できます。
もう少し晴れてたらよかったんですが、ちょっと曇ってて、パッとしない写真ですが・・・
やっぱり、きれいな街だなぁ

広場には中国人がいっぱいいて、ほんとにみんなして「I ITALIA」って書いたTシャツ着てたので、面白かったです。
ちょっとした個性を出したい時には、「I ROMA」にするみたいでした。
ここ、フィレンツェなんですけどもね。
サン・ミニアート・アル・モンテ教会
フィレンツェを眺めた後は、広場の裏の教会へ
まずはサン・ミニアート・アル・モンテ教会
きれいな教会でした。
床のモザイクとかも見てて楽しい。
サン・ミニアート・アル・モンテ教会の薬局
サン・ミニアート・アル・モンテ教会の薬局(?)で、ねずみ男みたいな修道服を着た修道士さんから、石鹸やキャンディを買う。
フードはおろしてたけど、かぶってたら、色も形もまさにねずみ男だと思う。
当たり前かもしれませんが、修道士さんの頭はちゃんとトンスラになってて、おぉ!って思いました。
思いとどまりましたが、写真撮りたかった・・・
サン・サルヴァトーレ・アル・モンテ教会
おとなりのサン・サルヴァトーレ・アル・モンテ教会は、素朴なかわいい教会でした。
入り口にきれいな聖書が開いておいてありました。
まったく読めませんけど。


この後も、まだまだぶらぶら
眺めのいい、昔の砦に行ってみたら、落下事故があったみたいで、閉鎖されてました。
メディチ家時代からの薬局で、また石鹸を買ったり。
いいにおい♪
前菜盛り合わせ ワイン たこのパスタ
晩御飯は、ワインバーみたいなところに行きました。
前菜の盛り合わせっぽいのを頼んで、ワイン
盛り合わせは確実に2~3人用でした。
これだけで十分と思ってたけど、どうしてもあったかい物が食べたくなったので、パスタを頼みました。
何のパスタか英語で説明してくれたんですが、Fishって言ってたのに、出てきたのはたこのパスタでした。
Octopusって出てこなかったのかな?
やっぱり母国語じゃないものねと、勝手に親近感を覚えてみました。
あ、そうそう
タコのパスタ、かなりおいしかったですよ。
2010.09.23 Thu  フィレンツェうろうろ
朝一で、ホテルをチェックアウトして、次のホテルへ
朝早いので、お部屋の準備はできてないだろうけど、荷物取りに戻るのも嫌だし・・・
今度のホテルは、市街地の真ん中でとっても便利。
すべて徒歩で移動してやる。
って、端っこに宿泊してても、徒歩で十分うろつける広さですけども。
シニョーリア広場
なんだか微妙なアングルですが、シニョーリア広場
ろくな写真がないんですが、一応、名所ですし。

ヴェッキオ宮殿とロッジアの間を抜けて、予約しておいたウフィッツィ美術館へ
じっくりじっくり見てやりました。
途中でぐったりしてきたけど、1つたりとも見逃すまいとの気合を入れて。
何回来ても、堪能できる。


ウフィッツィ美術館を堪能した後は、お昼ご飯
ヴェッキオ橋を渡ります。
ヴェッキオ橋 ヴェッキオ橋
みほおの写真だとさっぱり伝わりませんが、ヴェッキオ橋の両側のお店は貴金属店ばかりなので、むっさキラキラしてゴージャスです。
みほおにはご縁がないですけれども。

で、ランチ
コッコリとチーズランプレドット前菜のコッコリ(揚げパンみたいの)とチーズ(ナイフを入れるとクリームがいっぱい出てきたんだけどブッラータだったのかな?)
フィレンツェ名物のランプレドット(牛の第4胃)の煮込み
おいしかったです♪

ピッティ宮殿(パラティーナ美術館)ご飯を食べて、ウフィッツィの疲れを癒し、ピッティ宮殿へ。
ピッティ宮殿のパラティーナ美術館
こちらも、じっくりじっくり見てやりました。
すばらしかった。
前回は、途中でくたびれて、最後の方は流し見してしまいましたが、今度は根性入れて最後まできちんと見ましたよ。
えへん!
ホテルのテラスからの眺め
ホテルのテラスで、白ワインをいただいたの。
ほんとは、スパークリングを飲みたかったんだけど、口から出てこなかったの。

みほおは格安プランで予約したけど、結構いいホテルみたいで、宿泊客のおばちゃんたちが上品だった。
ぼっちなみほおはちょっと居心地悪かったぜ!
2010.09.22 Wed  フィレンツェへ
朝焼け
朝起きると、すごい朝焼けでした。
不気味なような、でも美しい光景でした。


電車入線
今日は、フィレンツェに移動します。
朝早い電車なので、ケーブルカーもバスも動いてないので、タクシーで駅まで。

タクシーの予約はちゃんと取れてました(笑)
ちゃんと時間通り待ち合わせ場所に、ひげもじゃのおっちゃんが来てくれました。
ちょっと一安心。


フォカッチャを食べたりしながら、フィレンツェへ
ホテルはフィレンツェの駅の近くなので、歩いて行こうかと思ってたんですが、駅前の車の量と石畳に心が折れて、タクシーに乗りました。
そういえば、オルヴィエートは街中に車が入れないから、歩くのがらくちんだったなぁ

ホテル着
旅行会社の用意したホテルに行ったら、すぐに別のホテルに連れていかれました。
満室だったのかな?
そちらのホテルでも待ってたみたいだったので、お互い融通しあってるのかな
まぁ、どっちでもいいけど。
ローマのホテルがが割とよかったので油断してたら、けっこうぼろかった・・・
でも、1泊だけだからいいや!

ホテルに荷物を置いて、出かけます。
フィレンツェ中央市場
フィレンツェ中央市場トリッパ屋さん
市場って楽しいです。

左上:トリッパ(ハチノスを中心する胃や腸)屋さん
右下:生パスタ屋さん
左下:お肉屋さん


パスタ屋さん お肉屋さん

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
市場を見物した後、サンロレンツォ教会やメディチ家礼拝堂周辺をぶらっと
混んでたので、外から見ただけ。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の前を通って、ランチへ

ランチ ワイン
こちらのお店は、オペラ座が近くて、店内は有名人の写真がいっぱいです。
でも、気取った感じじゃなくて、お店のおじさんはすっごくやさしそうな人でした。

もちろん、昼間からワイン

ポルチーニのパスタトリッパ
右:ポルチーニのパスタ
左:トリッパ(トマトで煮込んでる?)


そういえば、ピティリアーノでもポルチーニのパスタを食べたんでした。
ポルチーニをお勧めされたので、パスタって言っちゃったけど、リゾットにすればよかったな・・・
トリッパは、あんまり内臓とか食べないしドキドキしながら頼んだんですが、むっさおいしかったです。
また食べたい!
グラッパ入りレモンのソルベカフェリモンチェッロ
右:グラッパをかけたレモンのソルベ
中:コーヒー
左:リモンチェッロ


レモンのシャーベット、むっさおいしかった!
でも、グラッパがめちゃめちゃきつくて、ワインも飲んでたし、ちょっとぽーっとなりました。
リモンチェッロはサービスでした。
リモンチェッロ大好き☆
つか、ワイン、グラッパ、リモンチェッロと昼間っからアルコール摂りすぎです。
特に後者グラッパとリモンチェッロは度数も高いし。
でも、満足です。
後悔しない。
素敵な門扉
ランチの後、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の薬局へ
なにか買おうかなと思ったんですが、韓国人と中国人でいっぱいでわやわやでした。
もういいやって気になって、ちょうど週に1回だけ開いてるお部屋を見学して、退散しました。
日本でも買えるしね。

前に来たときは、中国人も韓国人もいなかったのに、中国韓国でも有名になってきたのかな?
韓国人って、なんとなくバブルのころの評判悪かった日本人っぽい
中国人って、農協のツアーとかで集団で評判悪かった日本人っぽい
10~30年遅れでおっかけてんのかしら?


薬局の斜め向かいくらいにある、お菓子屋さんでビスコッティを買いました。
口コミでおいしいって評判だったので、けっこうたくさん買ったら、端数をおまけしてくれました。
プレゼントって言ったら、ラッピングもしてくれました。
この時買ったビスコッティ、みほおの好みで、ほんとおいしかったです。
ビスコッティってかなり固いのが一般的ですけど、ここのはちょっと固めのクッキーくらいで、歯の弱い人にもお勧めです。
みほおは歯は丈夫ですけども。

ホテルに荷物を置きに戻って、ドォーモに。
やっぱりきれいですね
ドォーモの色つき大理石はピンクのイメージなんですが、ほんとは、緑基調なんですね
大聖堂 お花の燭台
花の大聖堂ってお名前だからか、燭台がお花みたいでした。
かわいい☆

洗礼堂
洗礼堂
天井が美しいです。



ジョットの鐘楼 鐘楼からの眺め
ジョットの鐘楼にも登りました。
フィレンツェの街が一望できます。
そして、ドォーモのクーポラが間近くで見られます。
素晴らしい眺めでした。
2010.09.21 Tue  オルヴィエート散策
今日はオルヴィエートをうろつきます。
やっぱりまずは有名な大聖堂
オルヴィエートの大聖堂 大聖堂正面
きれいです
中の聖ブリッツィオ礼拝堂にはダンテの『神曲』をテーマにしたフレスコ画があります。
みほおはちょうど『神曲』を読んでる途中だったので、一生懸命見てたんですが、なんだかよくわかりませんでした。
恥ずかしい(;ロ;)

気を取り直して、ランチ
ランチ カルボナーラビステッカ
こちらのお店はカルボナーラが有名らしいです。
お肉もおいしいって聞いたので、どっちも食べたい。

なので、カルボナーラを半人前にしてもらいました。
これで半分ですよ。
日本だったら、十分1人前ですよ
ほんとはお肉を半分にしてほしかったけど、パスタのほうが頼みやすかったから・・・
隣のテーブルを見ると、おじさんたちのカルボナーラが、恐ろしい山盛りっぷりでした。ヒィイイイ!!(゚ロ゚屮)屮
1人前頼まなくてよかったです。
お肉は1人前なんですが、お皿からはみ出るくらい大きかったです。
おいしかったですが、頼まなきゃよかったかも・・・

食後は、オルヴィエートの街中をうろうろうろうろ
モーロの塔に上ったり、サンパトリツィオの井戸に降りてみたり
モーロの塔サン・パトリツィオの井戸
右の写真は、モーロの塔だと思って撮ったなんかの塔
モーロの塔は、奥の色の濃い方の塔でした
一応映ってたので。
左は、井戸の底から空のほうへ


小道
小さい町ですが、道がくねくねしてて、地図なしでは迷いそうでした。
でもちょっとした探険っぽくて楽しい。
食材店で、パスタ用のスパイスを買ったり、ラルド・ディ・コロンナータを買ったりしました。
パスタ用のスパイスはお土産で人に差し上げたので、みほおは食べてないんですが、おいしかった!と言ってたので、もっと買えばよかったです。
ラルドはおつまみにいいんですが、薄ーく切れなくて、分厚くなってしまいました。
生ハムと一緒で薄くないと、おいしさ半減な気がします・・・


パン屋さんでフォカッチャを買う。
明日の朝は早いので、朝ごはん用

観光地の郵便局じゃなくて、普通の地元の人が使う郵便局でハガキを出す。
中に入って戸惑ってたら、お客のおばさんが親切にしてくれました。
でも、郵便局員のおばさんはなんか怖かったよ、ママン・・・

1日中うろついて、いったんB&Bに戻って着替えてから、晩御飯
朝、B&Bの人に予約を入れておいてもらってたの
実はお昼のお肉がヘビーだったので、あんまりお腹すいてなかったんですけど、予約したしね。
って、ちょっと頑張って行ったのに、予約入ってないって言われました・・・
どゆこと?
朝は時間が早くて電話がつながらなかったから、予約しといてあげるって言われたんですが、そのまま忘れちゃったのかな?
そんなにお腹すいてないから別にいいやって思ったんですが、ちょっと残念がってみせたら、お店の人が、一人で食べてる人がいるから、相席でもいいか聞いてあげる!って言ってくれました。
いや、そこまでしなくていいんだけど・・・

おひとり様のお客さんも親切な人で、相席おっけーって言ってくれました。
どうもありがとう!
カナダ人のおばさん。
弁護士さんですて。
みほおのたどたどしい英語を、一生懸命聞き取ろうとしてくれました。

ブルスケッタ4種 トリュフのウンブリケッリ
こちらのお店はトリュフが有名なんだそうなので、トリュフのパスタを頼みました。
テーブルで山盛りすりおろしてくれます。
もったいない!って言いたくなるほど、お皿の外に飛び散らせながら。
こんなに山盛りのトリュフを食べたのは初めてですが、みほおはトリュフはそんなに好きじゃなかったみたい・・・
そして、相席の人がどんなにいい人でも、人見知りのみほおにはちょっとしんどかった・・・
でも、感謝してますよ!
親切にしてくれてありがとう☆
2010.09.20 Mon  ウンブリアうろうろ
電車に乗りますローマからオルヴィエートに移動します。
08:22発のインターシティでオルヴィエートへ

スーツケースを荷物棚に載せられずにいたら、同じコンパートメントの人が載っけてくれました。
いい人~
厚かましいけど、降りる時もお願いしよう!と思ってたら、コンパートメントを間違えてたようで、どっかに行っちゃいました・・・
あらら

発車してしばらくは、順調に進んでましたが、なんだか妙なところで止まりますよ

あ、動いた!
って思ったら、最寄の駅まで移動したようで、またすぐ動かなくなってしまいました。

アナウンスなんてもちろん聞き取れないし
09:31着の予定でしたが、約1時間遅れで到着
むっさ焦る!
ケーブルカーに乗ります急いで、駅のすぐ前のケーブルカー乗り場へ
オルヴィエートは、防衛のため山の上につくられたのです。

乗ったときはガラガラで、のんびり周りを眺めながら昇っていけると思ったら、異常に肥えた白人のおばちゃん集団が乗り込んできました。
恐ろしい圧迫感ですよ。
怖い・・・
ケーブルカーが上の駅に到着。
ここから町の中心部までバスです。
歩ける距離ですが、スーツケースがあるので。
バスに乗ったときはガラガラで、以下略。

バスの終点はオルヴィエートのドォーモ広場だったんですが、みほおの泊まるB&Bは、途中の駐車場で降りたほうが近いと言われてたので、運転手さんに降りたいって言おうと思ったんですが、おばちゃん集団の肉布団に阻まれて、運転席に近づけませんでした。
割と運転席のそばにいたのに!

しかも、おばちゃんにここは停留所じゃない!って怒られるし。
いや、停留所だから。
現地の人に言われてるから。
いらっとしながら、終点まで行きました。
まぁ、終点からでもそれほど遠くはないけど、スーツケースは石畳向けじゃないのよ!

なぜみほおがこんなに焦ったりイライラしたりしてたかというと、予定があったからですよ。
オルヴィエート周辺ツアーに申し込んでたんですよ。
ガイドさんはオルヴィエート在住の日本人の方。
B&B近くの広場で待ち合わせの予定だったんですが、B&Bまで迎えに来てくれました。

日本からのお土産(うどんとカステラ)を渡して、出発です!
ガイドさんの車で移動するんですが、正直しょぼい車(失礼!笑)なんですが、周りの風景がきれいで、ものすごく素晴らしいドライブでした。
この日はずーっといいお天気で、むっさ楽しいドライブでした。
ロッカからオルヴィエートを望む
まずは、オルヴィエート近くの小さな町、ロッカへ
わぁー!
オルヴィエートが一望できます。
ロッカとオルヴィエートは、お向かいさんって感じですね

ロッカって、岩って意味ですて。
Rockと同じ語源かな?


ピティリアーノ
次は、ピティリアーノへ

ピティリアーノも崖の上の街です。
ここは、ローマの名門オルシーニ家の領地だったそうです。
オルシーニってイタリア語で小熊って意味なんですて。
そのため、街の中に小さい熊の像がありましたよ。
かわいい

ランチ
ランチ アンティパスト ランチ プリモピアット ピチ
ウサギのお肉チーズのデザート・前菜 Panzanella(パンのサラダ)
・ポルチーニのパスタ
・ピチ(トスカーナのパスタ。ガイドさんのを味見させてもらった)
・ウサギ
・チーズのデザート(ブルーベリーソース掛け)
全部ものすごくおいしかった
おいしかった。(2度言ってみた)
満腹~!
チヴィタ・ディ・ヴァニョレージョ (Civita di Bagnoregio)
今度は、チヴィタ・ディ・ヴァニョレージョ
崖の上を通っている細い道しか、町へ行ける道はありません。
車も通れない。
なので、あんまり住んでいる人はいないそうです。
昼間だけお店に来たり、別荘だったり。

でも、かわいい町でした。
車もないので、静かに暮らせそうです。
ちょっとさびしいかもしれないけど・・・

ここの教会で、ちいさいプレゼピオを買いました。
ちいさい聖ヨセフとマリア様とイエス様でかわいいです。
少ししか買わなかったのですが、もっとたくさん買って、おみやげにすればよかったです。

1日旅行も最後に近づいてきました。
ワイン試飲 おつまみ購入したワイン最後は、ボルセーナのエノテカにてワイン試飲会
おつまみもいっぱいです。
これは白ワイン用のフィンガーフード
赤ワイン用は別に用意してくれました。
お昼にたっぷり食べたので、あんまり食べられなかったのが、残念でした。

左の写真はみほおが買った白ワイン。

こちらのエノテカは地下にエトルリア時代の洞窟があって、ワインセラーになっています。
この日の昼間は、そこで結婚式の披露宴を行ってたそうです。
涼しくて、雰囲気があって素敵でしょうね
暗くてほとんどなにも映ってなかったので、写真はなしです。

試飲の後、ボルセーナの街を少しだけうろうろしました。
右は、町から眺めたボルセーナ湖
夏になると周辺の人たちの水浴スポットらしいです。
左は、町の路地と月
ボルセーナ湖 夕暮れ

日暮れとともに、オルヴィエートへ向かいます。
途中でライトアップされているオルヴィエートの大聖堂を一望できるスポットに寄ってもらったり、最後まで盛りだくさんの1日ツアーでした。
楽しかった~☆
2010.09.19 Sun  ティボリ散策
晴れた朝
良いお天気です。
今日はティボリに出かけます。
ヴィラデステに行くのです。
前にローマに来た時は、ツアーだったのですが、1日あったフリーの日はヴィラデステのお休みの日だったので、あきらめたのでした。

楽しみ

ヴィラグレゴアーナ
地下鉄に乗って、バスに乗って、ティボリ着
まずはヴィラグレゴリアーナへ

グレゴリウス何世だったかが作ったお庭です。
かなり人工的に作られた自然を模したお庭らしいです。
谷や滝も人工的に作ったらしいです。
みほおは本物との違いがよくわかりませんでしたが。


ヴィラデステヴィラデステの入り口
近くのお店で、ポルケッタのパニーニを買って入場。
節約節約

なんか、ちょっと曇ってきた・・・

ヴィラデステはたくさん噴水のあるお庭が有名です。
50以上あったかな?
楽しいです。

噴水怪物のお顔怪物のお口から水が出てます。
かわいいの。
ずらーっと並んだ怪物はみんな違うお顔をしています。


噴水噴水
いろんな噴水がありました。


20100919_08_View.jpg
お庭からの眺め
晴れてきた!
ティボリは山なので、すごく遠くまで見晴らせました。

魚のいる池のふちに腰かけて、パニーニでお昼ごはん
パンくずをあげると、魚が寄ってきました。
あげちゃだめだったかな?


オルガンの噴水
水で鳴るオルガンです。
1日に何回か演奏時間が決まってて、入場者たちが集まってきました。
パニーニを食べ終えたみほおも集まる。

どういう仕組みでオルガンが演奏されるんでしょうね?
面倒なので調べてませんけど、知ってる人がいたら教えてください。

窓
広いお庭の噴水を一個たりとも見逃すまいと、園内MAP片手に必死に庭中をうろつきまわっておりましたが、急に雲が厚くなり、雨が降ってきました。
ひー
まだ見てないのがある!
と必死に残りを見つけてから、お屋敷の中へ

また、昨日と同じくらいのざざ降りですよ。
毎日毎日夕立みたいな雨に降られるとは・・・
きれいな色合いの窓

大雨雨上がりしばらくお屋敷内をうろうろしてたら、雨が上がりました。
左の写真のぽつぽつは大きな雨粒ですよ。
ほんとにすごい降り方でした。

雨が上がってから、ヴィラを出て、ティボリの町中をウロウロしました。
中世からのおうちがあったり、地味だけどかわいい教会があったり
小さい町なので、手ごろな散歩でした。

ほんとは、またバスに乗って、皇帝ハドリアヌスの別荘だったヴィラアドリアーナに行こうかと思ってたんです。
でも、この雨の後だと、地面がびっちょびちょな気がして、行くの止めちゃいました。
また次にローマに来たら、今度はヴィラアドリアーナメインで訪れたいと思います。

バス停近くのガリバルディ広場のカフェでジェラートを買って、食べながら見晴らしのいいところを歩いてたら、通りすがりのおじいさんが、遠くを指さしながら、あのちっさいでっぱりは、バチカンのクーポラだよと教えてくれました。
ローマの方角
ちっさいでっぱり遠すぎて、ぼんやりしてますが、わかりますか?
ちっさいけど、でっぱってます。
バチカン、すげぇ!


そうこうしてると、バスが来たので、ローマにもどりました。
行きとは逆のルートでホテルへ。

夕方、晩御飯を食べに行きました。
ホテルの人に、何番のバスに乗ったら、ナヴォーナ広場に行けるか教えてもらったので、バスに乗ろうと思ってバス停で待ってたらさっぱり来ません。
いっぱいバスは来るのに、みほおの乗りたいのは来ない。
バス停にいたおじいさんも、なかなかバスが来ないようで、ずーっと待ってる。
なんとなくお互い来ないねぇって感じのアイコンタクトで微笑みあってみたら、話しかけられました。
イタリア語で
さっぱり分からん。

肩抱いてきたり、二の腕や背中をさすってきたりするので、イタリア人はスキンシップが濃厚だなと感心していたら、乳までまさぐられました。
単なるセクハラだったのか!

とはいえ、正しいバスの番号を教えてくれたので、許してあげます。
あたくしったら心が広いわ!
みほおが聞き間違えたのか、ホテルの人が間違えたのか、みほおが待ってたバスは架空の番号でした・・・

やっとこ調べてあったお店に行ったら、一人はだめだって言われてしまいました。
あ、そう。
庶民的な感じだったので、一人でも大丈夫かなって思ったのに
しょぼん・・・
Pizzeria dal Paino きのこのピザ
ピザ屋さんに行きました。

きのこのピザ
おいしかった!
でっかかったので、途中でおなか一杯になりましたが、食べきってやりました。

2010.09.18 Sat  ローマ散策
ボルゲーゼ美術館今日は、朝からボルゲーゼ美術館へ
予約がないとは入れない上に、美術館内にいられるのは2時間と決まっています。
焦る~!

前にも来たけど、やっぱりベルリーニの「アポロンとダフネ」はすばらしかったです♪
ずーっと見ていたい。

スペイン階段今度はバチカンに葉書を出しに行きましょう。
歩いて。
ローマの最東端と最西端ですけど。
歩いてみせる!

途中のスペイン階段

ナヴォーナ広場まで歩いて、一休み
ランチの時間には、少し早いので、近くの教会に勝手に入り込んで、日本への葉書を書いたりしてみる。

ナヴォーナ広場近くのレストランでランチ
もちろん昼間っからワイン。
アマトリチャーナ アーティチョーク
パスタ最高!
アーティチョークもおいしかったです。
すごく好みってわけじゃなかったですが。
つか、初めてこんなにがっつり食べた気がします。
いろいろな調理法があるようなので、もっと他の調理法でも食べてみたいです。

サンタンジェロ城 サンタンジェロ橋よりバチカンを望む
サンタンジェロ橋をサンタンジェロ城に向かってわたります。
美しい天使様の彫刻が欄干を飾っています。
天使の後ろの方にバチカンのドームが見えていますよ。

どんどん天気が悪くなってきました。
悪魔でも出てきそうです・・・
バチカンバチカンの正面
でかいので、すぐそこみたいに見えますが、まだ結構歩きます。
雨がぽつぽつ
朝はあんなに晴れてたのに。

せっかく来たので、葉書を出すだけじゃなくて、中にも入ることにしました。
つか、バチカンを郵便局扱いするのは、間違ってる。

ピエタ
地下の歴代ローマ教皇のお墓を見たあと、本堂へ
やっぱりピエタは美しいです。
ベルニーニの方が好きだけど
ミケランジェロさん、ごめんなさい
てへ

外に出ると、雨ざーざーですよ
とりあえず、葉書を出そう

切手を買って、そばの台でちぎったり貼ったりしてると、中国人のおっさんたちが数人入ってきました。
一昔前の農協の団体旅行みたいな人たちだわ。

みほおのやってることをちらちら見てる・・・
切手を買いに行って、みほおの葉書を見て、切手を貼ってる。
いや、普通の場所に普通に貼ってるだけですけど。

あまりにも見られてるので、普段周囲の人を無視することに掛けてはギネス超級のみほおも、じろじろ見返してやりました。

あ!
住所、完全に全部漢字しか書いてない!


えーっと、国名くらいは、イタリア語か英語で書かないと、届かないんじゃないでしょうか・・・
つか、国名すら書いてませんね

うーん
普段周囲の人となるべく関わらない・しゃべらないをモットーに生きているみほおですが、さすがにかわいそうになったので、国名を書け!英語かイタリア語で書け!と言ってやりました。
たどたどしい英語で。
もちろん、通じません。

仕方ないので、みほおの葉書のJapanと書いた部分を指差して、

あんたたちのには、これが抜けている!

と言うと、なんか自分の英語の国名がわかんないみたいで、みほおに書けと言ってくる・・・
切手をちぎったごみ部分に書いてみせようとすると、自分の葉書に直接書けと言ってきます。
仕方なく、みほおが書きましたよ。
でっかくCHINAって。
簡体字(多分)だったので、台湾ではなく中国だと決めつけて。
ほんとは、台湾の人だったりしたら、どんなに待っても葉書は届きません。
ごめんね

日本では信じられないくらいの親切っぷりをインターナショナルに見せ付けてやり、天変地異でも起こりそうです。
が、外に出ると単なる大雨です。
折りたたみ、スーツケースには入ってるけど、今手元にない・・・
買うの嫌!
だって、ホテルにはあるんだもの!
という、超絶貧乏性を発揮して、雨宿りしました。
20分くらい、待ってるとやみました。
買わなくてよかった!(のか?)

で、またぷらぷらと歩いてホテルまで帰りました。
ほぼ最西端から最東端まで。
ローマ人に健脚っぷりを見せつけてやりました。
ひゃっはー☆
2010.09.17 Fri  ローマ着
13:30 イタリア着
ホテルに近いテルミニ駅までの空港からのリムジンバスがあるはずなのですが、よく分かりません。
戸惑ってたら、空港の案内係みたいな人が、乗り合いの大型タクシーのカウンターにつれてってくれました。
リムジンバスは、7ユーロ。
15ユーロで、ホテル前までつれてってくれるならいいかと思ったのですが、二人以上から受付みたいなので、一人だと35ユーロらしいです。
えー
またリムジンバスを探しに放浪したら、さっきの案内係に連れ戻されました。
35ユーロは無理ーって言ってたら、なんかわかんないけど、乗せてくれることになりました。
めんどくさくなったのかな?

ホテルにチェックイン
もう休んじゃおうかと思ったのですが、まだ16:00過ぎだしと思って、出かけることにしました。
まずは腹ごしらえ。
駅近くのポルケッタというローマ名物(?)のローストポークのお店に行きました。
ポルケッタ
とても庶民的で、ローストポークは紙に載せて出されます。
ワインは蛇口から出てきます。


ゴルゴンゾーラ
ゴルゴンゾーラにパプリカのピクルスを混ぜて、バルサミコをかけたもの。
おいしいんですが、むっさ味が濃いので、なかなか手ごわかったです。一人で食べるものではない(-"-)
お腹いっぱい。


なんか、お店にいた黒人のおっさんにプロポーズされました。
ローマは好きか?って聞かれたので、フィレンツェとかのほうが好きだなと思いつつ、好きだと答えたら、自分と結婚すればローマに住めるぞと。
一体どういう論理かしら?
明日は日本に帰るからと嘘をついて振り切りましたが、明日飛行機乗る前に電話しろとか言って、無理やり電話番号を地図に書き込まれてしまいました。

ちょっと!勝手に書かないでよ!ヾ(`Д´)ノ彡

もちろん電話しませんでしたよ。

おっさんを振り切り、やっとひとりになれました。
やっぱり、ここはひとつトレヴィの泉に行って、またローマに来ることができるようにお願いしとくべきでしょう。
トレヴィの泉
はい
トレヴィの泉。
あんまり水面映ってないので、泉な感じがでてませんけど。

後ろ向きにコインを投げ入れておきました。
これでまたローマにこられることでしょう。


パンテオン
ここまで来たので、ついでにパンテオン
パンテオン近くの老舗のカフェでお土産を購入
ついでに有名(らしい)なグランカフェというのを飲んでみました。

コーヒー味・・・

コーヒー苦手な子には、よく分かりませんでした。

ナヴォーナ広場
で、ここまで来たので、さらにナヴォーナ広場へ
四大河の噴水。
やっぱり水面映ってないので、泉な感じがでてませんけど。

ライトアップが綺麗でした。


初日から歩き回りすぎました。
とっとと(というにはホテルからかなり遠いですが)帰って休みます。
おやすみなさい。

そうそう
今回のツアーは、
・格安!エジプト航空指定ローマ4泊6日
・延泊無料(素晴らしい!)
・ホテルはフィレンツェやナポリに変更してもOK(ミラノは追加料金が必要)
でしたの。
で、延泊6日して、ツアーのホテルはローマ3泊・フィレンツェ1泊、残りのホテルは自分で手配しましたの。
格安なものですから、指定のホテルの評判を調べたら、結構不評。
心配してたら、指定ホテルが満室で別のホテルになりました。
結構きれいでいい感じでしたよ。
最近改装したのかな?
ラッキー☆
2010.09.16 Thu  出発!
大層いまさらですが、イタリア旅行日記です。
忘れる前になんとかしたいです。
がんばろう・・・


2010年9月16日
出発の日です。
出発出発の日ですが、出勤の日です。
普通に働いてから、夜出発なのです。
なので、定時で猛ダッシュで帰宅し、入浴し、空港へ。
この時期お風呂入らないで、17時間のフライトは厳しいですからね。

もちろん直行便ではありません。
カイロ経由です。
みほお初の南回りですよ。
かつ、みほお初のアフリカ大陸です。
空港から出ないですけども。

こんな初日
23:25発のフライトを、初日にしていいのか分かりませんが。
アフリカ上陸
そして翌朝7時、カイロ着

飛行機から空港ビルまでバス移動でしたので、一応アフリカ大陸に上陸と申し上げてもいいのではないでしょうか?


4時間のトランジットという微妙に長い待ち時間。
もっと長ければ、ピラミッドでも見に行ったのに。
あんまり免税店も楽しくないし、椅子に座ってぐったりしてました。
古代エジプト風ムスリム人形
古代エジプトコスプレらくださんたちとかわいいムスリム人形にお出迎えしてもらいました
2010.09.15 Wed  円高祈願
円高ですね

素晴らしいわ!(`∇´)
どんどん上がるといいわ!


ということで明日から旅行に行ってきます。
皆さんも日本経済のことなんて全く考慮せず、みほおのために円高を祈願するといいですよ。
そうすれば、お土産が少しはゴージャスになるかもしれません。

嘘です。
みほおの出発時のスーツケースの重量しだいです。

とりあえず、これから東京へ打ち合わせに行ってきます。
じゃね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。