Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.25 Sat  追悼と通行
本日は、イングマール・ベイルマン監督の映画を観に行ってまいりました。
大変おばかさんなので、1日3本とか観てきました。
『処女の泉』
『仮面(ペルソナ)』
『第七の封印』

1日中映画館にいて、特に何ごともなく、なので、書くことございませんの・・・
困りましたの。


休日に外出して思ったこと。
人ごみを歩くのも、コツがございます。
人の流れに逆らわないように
邪魔をしないように
素早く
自分の進行方向をしっかり決めて


この点、通勤時間の人ごみは、誠に整然としています。
みなさん、プロでございます。

同じ場所を、休日の昼間に歩いてみると、秩序というものが微塵もありません。
とろとろ歩く人
突然立ち止まる人
一人逆流する人


一体どこのおのぼりさんかしら!

まぁ、この邪魔な人たちは観光客じゃなくて、ほぼ大阪のおばちゃんと子供(ハタチ以下)ですけどね。


また、満員の通勤電車に乗り込んできた、小学生やおばさん。
「もう無理!」
「もう乗ってこんといて!」
「痛い痛い!」

うるさい!
こっちは、毎日乗ってんのよ!
ラッシュ時に電車乗るなら、覚悟しなさいよ!!
仕事じゃないくせに、文句あるなら、乗らなきゃいいじゃん!!!
あんたらのせいで、こっちはいつも以上にきついのよ!!

あと、外人の観光客が面白半分に満員電車に乗ってくるのも腹立ちます。
そりゃ、珍しいのかもしれねーけど、写真撮ってんなよ!


都会人の条件:
人ごみをスムースに歩ける。
満員電車は黙って忍耐。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/117-13b55e2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。