Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.09 Sun  銅版画の巨匠
本日は、伊丹市立美術館長谷川潔展』に行ってまいりました。

長谷川潔は、和歌山県立近代美術館のミュージアムショップで絵葉書を見てから、ずっと気になっていたのですが、やっとじっくり見ることができました。
どんな人かすら知らなかったので、講演もおもしろかったです。
講師はずっと長谷川潔の研究をしてきた方らしく、研究対象のことは呼び捨てにすることが多いのに、長谷川さんとか長谷川潔さんと「さん」づけなのが、印象的でした。
ずっと好きで愛着を持って研究しているんだろうなぁと感じられ、とても好感を持ちました。

『長谷川潔展』自体もとてもいい展覧会でした。
小ぢんまりしていましたけど、簡単な解説が丁寧につけてあったり、版画の色々な技法を説明したプリントを用意してくれていたり、親しみの持てる感じのいい展示でした。
著名な芸術家や有名な大作を呼び物にする展覧会も、もちろん悪くはないんですが、あまり知られていなくても優れた佳作を紹介する展示会がもっと増えればいいと思います。

この展覧会の観覧料、収蔵品展も込みで300円ですよ!
観覧料が1500円とか1800円とかなんて、珍しくないのに。
伊丹市立美術館、これからもがんばってほしいです!
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/130-8a9ef02d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。