Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.14 Sat  食いだおれ
京都に行ってまいりました。
目的は、京都市美術館の『大エルミタージュ展』でございます。
正直、いまいちでございました。
以前、京都市美術館であった『ルーブル美術館展』もいまいちでしたし、京都市美術館の企画展は注意が必要と思いました。

さて、美術館の後の行動でございますが、旧址名跡観光名所などには参りません。
ですので、以下が参考になるとしたら、京土産検討中の方だけでございます。

『京都生チョコレート』
生チョコのお店。ランチもいただけます。
大変融けやすい生チョコで、サーブされたときはまだ凍っていて、アイスクリームみたいでございました。
融けてきたらすごくなめらか。おいしいですよ。
お庭が素敵で、水琴窟があります。
お庭にも席があるので、気候のよい時期は気持ちがいいと思います。
あと、赤銅色の美しい毛並みの大きなワンコがいました。
触りたかった・・・

『平安殿』
神宮道にあるので、平安神宮にいらっしゃるほとんどの方は前を通るはず。
ちょっと覗いてみるだけのつもりでしたが、羽二重とか麦こがし粉とか心ひかれる説明書きがあった平安餅をご購入。
そうそう毎月第二土曜日は、2割引ですて。
たまたまでしたがラッキー!

『一保堂』
大変有名なお茶葉屋さんです。説明は要りませんね。
缶もかわいいので、小さい缶入りをお土産にしてもいいかもですね。

『亀屋良永』
寺町通りと御池通りの交差点、京都市役所の斜め向かいとすごくいい場所にあります。
通りがかりにたまたま入ったのでお店のことはよく知りませんが、店主のおじいちゃんがいい感じ。なんだかかわいいの。
野守という黄な粉のかかった粟餅を購入。
求肥好きならきっと好きな感触。

『パティスリーカナエ』
洋菓子研究家(?)の小林かなえさんのお店だそうです。あんまり存じ上げませんけど。
入るとすぐ色とりどりのマカロンがいっぱい並んでいて、きれいです。マカロンて乙女の色合いですわよね。おほほ
オーソドックスなフレーバーもありますが、柚子や黄な粉、抹茶、黒ごまなど和風のも。
マカロンの奥に生菓子もありましたが、マカロンに夢中でちゃんと見ませんでした。
まだ食べてませんが、丸の内のサダハル・アオキとどちらがおいしいかしらとわくわく中でございます。

『あり本』
ちりめん山椒のお店。上品なお味ですよ。
とっても小さな入り口から入ります。連れて行ってもらわないと気づけないかも。

『下河原阿月』
三笠を買いに行ったら、売り切れてました。代わりに最中を購入。
三笠は焼き立てをお店で買って歩きながら食べるとかもできます。
っていうか修学旅行生がやってた。
最近の修学旅行の学生さんはお店をよくご存知ですね。
てか生意気。

『レストラン グーテ!』
お味もサービスも雰囲気もお値段もよろしいフレンチのお店でございます。
八坂さんのほうから清水さんに行く途中にあります。
場所も悪くないのに、なぜがいつも空いています。
閉店したらどうしようと心配しています。

とりあえず、食い気でいっぱいの一日でございました。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/14-e646d5d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。