Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.22 Mon  バターのお話
わたくち、普段はトーストなどにバターは使いません。
でも、レストランのバターは大好きです。
レストランではたんとつけます。
バターを塗るというより、バターを乗せる感じで、がつがつ頂きます。

土曜日のベルクールのバターなんて、めちゃめちゃおいしいうえに、たっぷりだしてくださったので、パンのおかわりをいっぱい頂いてしまいました。
体重なんて知るもんか!っていう気分になります。

わたくちが初めてバターに開眼したのは、エシレバターを頂いた時でございます。
バターって、パンの添え物じゃなくて、バター自体がおいしいんだ!って気付きましたの。
まじうまい。
おいしいバターって油っぽかったり、しつこかったり、お腹にもたれたりしない。

ただ、こちらのレストランでは、バター代を別に取られました。
50gくらいで700円くらい。
最初、別料金ですっていわれて、バターにそんなに払うのってちょっとなぁって思ったのですが、見栄っ張りなので、というか小心者なので、お断りできなかったのですよ。
でも、断らなくてよかった!
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ ウマー

それ以来、バターはたんとつけていただきます。
出されたのを使い切る勢いで。
なので、少ししかバターを用意してくれないレストランは、ちょっとさみしい。

ベルクールでは、かなり気張っていっぱい乗せてたのですが、使い切れませんでした。
素晴らしいわ!
別料金も取られなかったし!
また行こう。
バターを食べるために。
いや、料理もおいしかったですけど!

当分の間、我が家の食卓では「あのバターはおいしかった」としみじみ語られることでございましょう。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/166-9a994897
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。