Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.21 Sat  ワタクシの青春
昨晩、高校時代のお友達とご飯を食べに行ってまいりました。
(っていうかさっき帰ってきて、お風呂に入って、これを書いてるんですけど。)

当然、高校時代の思い出話になるわけですが、みほおはびっくりするくらい高校時代のことを覚えていませんでした。
担任の先生すら憶えてない。
もちろん、同級生のことなんてごくわずかです。
あらまぁ。

間の悪いことに、みほおってばちょうど、豊島ミホ『底辺女子高生』(幻冬舎文庫)なんて読んでたものですから、
(もっと間の悪いことに、その直前に、豊島ミホ『檸檬のころ』幻冬舎文庫、あさのあつこ『バッテリーⅠ~Ⅵ』角川文庫を読んでいた)
なんだかブルーになってしまい、
小説とかの青春って爽やかできらきらしてるけど、自分は全くそうではなかった。大変かなしい。
と述べると、友人たちは、
「そんなん、嘘やで。」
「漫画の青春とかありえへんで」
ととても現実的な意見をくださいました。
友人が大人なのか、それともきらきらとは縁遠い人ばかりとご友人なのか・・・
大変気になるところでございます。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/21-665d1d2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。