Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.29 Tue  いとけない思い出
幼い頃って、人が何かやってると、自分もやりたくなったりするものです。
父が新聞を読んでいると、みほおも読みたいと思うわけですよ。
でも、読めないから、一字一字、これはなんて読むの?って聞きながら憶えたものです。
微笑ましいじゃございませんの。 ヽ(*´∀`)ノ


ところがですよ。
新聞を読んでいる父のそばにいて、一番見えるのは、一面かテレビ欄。
その結果、みほおの初めて憶えた字はこれ。





おしゅうぢ

クリックすると、拡大!



ヒサヤ大黒堂、テレビ欄の下部によく広告を出してます。


最悪ですよ。
みほおの「み」とかから憶えりゃいいのに、よりによって て。 ヽ( ´ー`)ノ
父も、聞かれるがままに教えてんじゃねーよ。
まぁでも、幼子の興味をそのまま受け入れてくださってありがとうと言っておきます。
おかげで幼稚園に入る頃にはひらがなカタカナ完璧でした。

・・・別に普通か。


その後、「じ」を憶えたみほおが、「じ」と「ぢ」の違いがよく分からず、執拗に説明を求めたことは、おそらくかなり両親を苛立たせたことと思います。
ごめんね?
あんま反省してやがらねーな、こいつ
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/253-1be08f73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。