Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.06 Wed  ③ ルーブル!
ルーブル!
ルーブルルーブルルーブル!!!

超興奮。

今日は夜遅くまで開館している日なので、朝から晩までいつづけますよ。
不審がられちゃうかしら?
そんなの関係ねーざんすけど。

まずは朝ご飯。
昨日は出発が早すぎて、ホテルの朝食を食べられませんでしたから、今日が初めてです。
どんなのがあるかしら~?

あんまねーな・・・

とりあえず、コーヒー飲めないし、ティーバッグの紅茶も気が進まなかったので、インスタントのホットチョコレート。
いつも思うのですが、ホットチョコレートとココアって何がどう違うのかしら?
そしてやっぱしフランスですしクロワッサン。
でかくて大雑把な感じでしたが、意外とおいしかったです。

そして出発。
到着した日は、パリ市街に着いたら夜でしたし、昨日も暗いうちに出発して暗くなってから戻ってきたので、日の下のパリは初めてざんす。
もう3日目なのに ┐(´ー`)┌

ルーブルに着くと、やっぱりピラミッドの入り口は激混みです。
ルーブルのピラミッド
暗いですが、行列が見えますか?

しかし、いつも空いているという入り口を調査済みです!おほほ!
わんこの足跡
入り口に行く途中にあった足跡。なごむ~

6日間有効のパリミュージアムパスを買おうとしましたら、この入り口では普通のチケットしか販売していないとのこと・・・
しかしあたくち慌てません。
素早くルーブルの地下に潜り込み、たばこ屋さんでパスをゲット。
そして、また戻って入館ですよ。

まずは、スペイン絵画の展示室から。
いきなりゴヤですよ。
別にゴヤが大好きってわけでもないですが、著名な画家の絵がいきなり現れると興奮しますね。
一人だから表面上は無表情ですけど。

おぉ!ムリーリョだ!
ムリーリョは大好きですよ!


イタリア絵画に移って、
うほー!
ラファエロだ!ダ・ヴィンチだ!


大興奮。
いっぱいありすぎて、よく分からなくなってきました。
まだ1時間くらいしか経ってないのに・・・

ギャラリーの途中に衝立みたいになっている絵がありますよ。
裏を覗くとそちらにも絵が。
ダビデとゴリアテ
こういうの
別に好きな絵でもねーなとか思っていると、スタッフっぽいおじさんが話し掛けてきました。

ダビデとゴリアテの絵だよ
昔は映画とかないから、アクションを表現するのに、2枚使ったんだよ~

とか言ってます。
多分。ものすごくワタクシの想像を追加した多分。

そして、みほおを他の絵の前に連れて行って、
この絵は1枚にいろんな状態の変化を描いて、時間の経過を表してるんだよ~
って言ってる。と思う。おそらく。そんな気がする。

そうですか。ためになります。
ルーブルでスタッフに解説してもらえるなんて、ラッキーだわなんて思っていると、どんどんいろんなところに連れて行かれます。
あれは見たか?とか言われても、いちいち憶えてないざんす。
そもそも憶えてても、作品名は日本語のしか知らないし。

そうこうしているうちに、見るなら時間が余ったらと思っていた、アフリカンアートの展示室に連れていかれました。
いらねー・・・
そもそもルーブルの文化人類学的収蔵物は、ケ・ブランリーに移ったんじゃねーの?
展示室も小さいし、残ってるのって、余りものじゃないの?
でも、なんか説明してくれてるし、気遣いの大和民族の一人としては、無碍にはできません。

1時間くらい説明を受けたりしていると昼休みだからと言われ、ちょっと残念だけど、自分のペースで見るほうがいいかもと思っていると、
2時15分前にピラミッド下で待ち合わせしよう!

仕事暇なのかしら?
まぁ、また絵画を解説してもらえるならいいかなぁと思いつつ、一旦解散。

その間に、イタリア絵画の残りを見て、売店で買い物したりしてました。
あんまりお腹すいてないけど、カフェでお昼ご飯をいただくことにしました。
サンドイッチと白ワインを頼みましたら、サンドイッチまずっ!

待ち合わせ場所に向かいます。

お昼をこれから食べるんだけど、一緒に行こう!
今まで何してたんだ?
昼ご飯はお昼休みに食べてください。
あたくち、さっきのまずいサンドイッチで腹いっぱいざんす。

でも、どんどん連れて行かれると、スタッフ用の入り口に。
どうやらスタッフ用の食堂に連れて行ってくれる模様。
みほお、入っていいのかしら?
お腹いっぱいだけど、興味津々ざんす。

到着すると、セルフっぽい食堂でした。
とりあえず、エビアンだけ頂こう。
と思ってるとトレーを持たされ、勝手にパンを乗せられ、メインを選べと言われます。
ガレットコーナーがあり、きっとそれほど重くないだろうと思って、あれがいいと指差しました。
付け合せを選べと言われるのですが、何があるか分からん。
戸惑ってると、勝手に茹で倒したカリフラワーを山盛りにされました。
なんか、あっちに見えてるほうれん草のほうがよかった・・・

こっちのパンの方がおいしいと、さっき乗せたパンを別のパンに替えたりされました。
いや、味はどうでもよくて、パンいらないから・・・

で、まぁ味は普通でした。
ガレットはチーズとハムが入ってて、結構ボリュームがありました。
さらにカリフラワーがてんこ盛・・・
しんどいなぁと思いながら、ぐずぐず食べてると、
冷めるとおいしくない。温めてきてあげるよ
とレンジで温めに行ってくれました。
ご親切にありがとう。
でも、冷めたから食が進まないんじゃなくて、単に満腹なんです・・・

パン以外をがんばってほぼ食べ終わると、
パン、おいしいから持って帰るといいよ。朝食に食べるといいよ。
はいはい。分かりました。
しかし、このパンが後に大変役に立つことに・・・

さて、どこを説明してくれるのかしら?と期待していると、ルーブル宮の成り立ちから変遷を紹介しているコーナーに連れて行かれました。
確かにこれはこれで興味深いですが、わざわざ日本からこんなのを見に来たんじゃありません。
美術品、工芸品、歴史的遺品を見に来たんです。
しばらく説明を聞いてると、仕事の時間だから!と言われ、ほっとしてたら、
今度は4時に待ち合わせね!
いや、もういいから・・・
ちゃんと仕事してください。

でもやっぱり断れず、時間まで今度はギリシャ彫刻を見たりして、またピラミッド下へ。

コーヒーを飲みに行こう!
うんざり・・・

先ほどはご馳走してくれたので、今度はみほおがお支払い。
まぁ、お昼ご飯、超安かったんですけど。
ほとんど美術館が負担してくれるようで、みほおの分で2ユーロちょいでしたの。
コーヒー代でほぼ完済。

コーヒー飲んでると、住所と名前を書いた紙を渡してきました。
手紙をくれですて。

えーめんどくさい・・・
つか、なんぱだったのか?

現時点(2月22日)で、まだ手紙書いてないんですけど、みほおは書くべきなんでしょうか?

6時に仕事終わるから、6時過ぎに待ち合わせしよう!
今度こそちゃんと展示の解説をしてもらえるかも!と期待してしまったみほおは、またお断りできず。
今のは単にコーヒーブレイクに付き合わされたのか?

また彫刻の続きを少し見て、中途半端な時間しかないので、じっくり見られないなら、と思ってミュージアムショップで絵葉書を買って、日本宛に書きました。
その後、ヴァージンがあったので、本を眺めてましたの。
レシピ本のコーナーに行ったら、写真がとってもかわいい♪
おみやげにしてもいいかもと思わず買ってしまいました。

その後、また待ち合わせ場所に行って、案内してもらいました。
ギリシャ彫刻、メソポタミア美術、フランス絵画の一部。

なんか、勝手にインテリかと思ってましたが、あんまり英語もうまくないし、最初の絵画の説明以外ろくな解説してくれないし、実は本当にただルーブルで働いてるだけの人かも。。。
勝手に学芸員かもと思ってたんですが・・・

むっさ疲れた。
早く別れたい。
メトロのパレロワイヤルから1本で帰れるとか言ってたから、美術館を出たらすぐお別れだな。

と思ってたら、なんか付いてきますよ。
ホテルはオペラ座のほうと言ってあったんですが、オペラ座のほうにずっと歩いていきます。
大まかな方向はオペラ座ですが、本当は大通り沿いに行くより、小さい道で一直線に行く道があるので、そっちでさっさと帰りたかったんですが・・・
途中で日本の本屋さんがあるとか、連れて行ってくれますけど、日本の本は日本で買うから結構です。
疲れたから早く帰って寝たいんです。

やっと別のメトロの入り口の前でさよならです。

自分は、明日明後日は仕事が休みだ。
明日、明後日の予定はどうなっているのか?


明日は1日またルーブルにいて、明後日はオルセーに行くつもり

じゃあ、明後日の午後1時にオルセーで待ち合わせしよう

いや、もう結構です。

明後日はホテルを移動しなくちゃいけないし、時間はどうなるかわからないので、無理

やっと断固お断りできたみほお。
最後の最後でよくやった!

ながかった・・・
とっとと帰って、シャワー浴びて眠りたい。
明日はいいことありますように・・・
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/261-d193a3cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。