Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝食に行きますと、お隣の席が日本人のご夫婦でした。
勝手なもので、外国では日本人とはあんまり関わりたくないものです。
たとえ一人旅でも。
サハラ砂漠の真中で一人ぼっちなら、関わりたくて仕方なくなるとは思いますが。
きっと向こうも、おフランスで日本語なんて聞きたくなかろうと思ってたですよ。
とはいえ、みほおは日本でも誰にも話し掛けたりしませんけどね。
そしたら、奥さんのほうが話し掛けてきたんですよ。
それでちょっとだけお話して、向こうはほとんど終ってたので先に部屋に戻られましたの。
そしたら、すぐにまた戻ってきて、batobusというセーヌ川の水上バスのチケットをくださいましたの。
2日間有効のチケットで、本日分が残ってます。
今日帰国するので、使ってくださいですて。
わーい!
日本人、無碍にしてすいませんでした。m(_'_)m

なので今日はベルサイユに行く予定でしたが、変更して、まったく予定になかったセーヌ川クルーズに行くことにしました。
航路
こういうルートでぐるぐる回ってます。
地図の読める女としては右岸(北側。ルーブルのある方)を上にすべきだと思う。


オルセー美術館前の乗り場で船を待ちます。
だんだん近づいてきます。 これに乗ります。
Batobus

ポン・デ・ザール
芸術橋
ノートルダムの横
ノートルダム大聖堂 横
セーヌ川の一方通行。釣りをしている人が・・・
一方通行と釣り人

この日はっていうか、パリ滞在中は連日いいお天気でした。
ガラス張りの船内はとっても日当たりがよく、黒髪の東洋人は頭が灼熱になり大変でした。
しかも、ガラスに光が反射して、写真が上手に撮れません・・・

アレクサンドル三世橋
アレクサンドル三世橋

脚

エッフェル塔でいっぱい乗ってきます。
みほおは2席ずつ向かい合った席に一人で座ってたんですが、向かいに座っていいかと言われ、ダメとはいえないので、ちょっとやでしたけど、どうぞと言いましたの。
そしたら、一人かと思ったら家族連れで、向かいに座ったお父さんと息子は、ハリポタのバーノンおじさんダドリーですよ。
(知ってますか?超おでぶな親子ですよ)
しかも、頭悪そうな感じまでバーノンとダドリーです。
隣に座ったお母さんも、ペチュニアおばさんじゃなくて、女バーノンおじさんだし!
すげー圧迫感。
絶対、3人でみほお6人分くらいの体重があります。
しかもちょっと酸ゆい匂いが・・・(-"-)

みほおは進行方向に向いて座っていましたので、バーノンとダドリーは振り返らないと進行方向の景色は見られません。
いくら外国の座席とはいえ、そう広くもない席で超肥満体が振り返るには、かなり無理しないといけません。
片足を座席に上げましたよ。
お行儀悪いことと思いましたが、どうでもよかったので、外を眺めてました。
が!
床が濡れてるので、靴からぽたぽた汚いしずくが!!!
みほおのお膝やお靴にかかるじゃないの!
最悪です。

でも、巨体を無理に後ろ向きにさせた状態が辛かったのか、ダドリーと偽ペチュニアが別の席に移っていきました。
バーノンも行くだろうと思ったら、みほおの隣に・・・
一番やな状況だわ・・・
やっぱり話し掛けられました。
パリは美しいね!
そうですね
どうしてみんな「パリは美しい」しか言わないのかしら?
もっと気の利いたセリフ言ってみなさいよ!


これ以上話し掛けられないように、氷点下のオーラを出しておきました。
そういえば、みほおは会話を続けさせない雰囲気にするのが得意でした。
その後、右隣にいるおっさんは意識から排除し、見物に集中しました。
こういうときの集中力でみほおに敵う人はいないと思います。

グランパレ
グランパレ
オベリスク
オベリスク
オランジュリー
オランジュリー

ノートルダムまで戻ってきました。
ここで降りて、シテ島観光です。
ノートルダム・ド・パリ
ノートルダム大聖堂 正面

しかし、みほおの膀胱が緊急事態になっておりましたので、お手洗いを探索しました。
お、早速「TOILETTES」の看板が!
階段を下りていくと、パーキングでした・・・

ややこしいねん! (`Д´)ノ

教会前の広場を眺めると、大きな病院がありました。
病院ならトイレくらいあるだろうと、勝手に入り込みましたら、ないんですよ。
扉の奥にならあるのかもしれませんけど、さすがにそこまでは入れません。
時間のロスだわ!

仕方なく、当てもなくどんどん歩いて、シテ島を出てしまいましたよ。
パリ市庁舎前に出てきたら、すげー人。
ちょうど春節らしく、おめでたい格好の中国人がいっぱいいました。
心(と膀胱)に余裕のないみほおには、交通の邪魔をする大変迷惑な集団でした。
そのままずんずん歩くと、斜め右方向に大きなお店が!
さすがにトイレがあるでしょう!
ものすごい早足で向かいました。

普通大きなお店ってワンフロアに一つくらいはお手洗いがありますよね?
少なくとも隔階にはあると考えます。日本人なら。
しかし、7階建て、いや地上階を入れたら8階建ての建物(地下もあったかもしれない)なのに、トイレがあるのは最上階だけでした。
フランス人は膀胱がでっかいのかしら?

とりあえず、落ち着いたので、シテ島に戻ります。
途中の中国人の集団にも今度は寛大な気持ちで臨めます。
新年おめでとう!

ノートルダムの薔薇窓
薔薇窓
左側の柱にステンドグラスの色の光が差しています。

大聖堂の内部を見学した後、塔に登ろうと思ったら、ものすごい行列。
なので、サントシャペルに行こうと思って裁判所のほうへ向かうと、こちらもすごい行列。
じゃあ、コンシェルジュリと思ったら、そちらも・・・
週末は混むのかなぁと思い、日を改めることにしました。

クリュニー中世博物館へ
クリュニー中世美術館
いつまでか分かりませんが、今は無料ですよ。

入り口近くの壁に日時計がありました。
日時計
3時過ぎなんですが、2時を指しています。

ルーブルやオランジュリーも楽しみでしたが、実はみほお的今回のメインはこちらの美術館。
『貴婦人と一角獣』のタピスリがあります。
6枚組みで5枚は人間の五感を象徴していますが、1枚だけなにを表しているのか謎なのだそうです。

この日は中世音楽のコンサートもやっていました。
日本で調べたときは、無料と書いてたんですが、有料でした。
時間も余りなかったので、コンサートは諦めましたが、展示室にいたら、きれいに聞こえてきました♪

タピスリのお部屋へ。
超興奮。
褪色を防ぐためか、ものすごく薄暗くなってました。
貴婦人と一角獣
謎の1枚。

美術館の前庭でタピスリの絵葉書で家に手紙を書いて、ルーブル郵便局でもらった赤いハートの切手を貼って、出しました。
街中のポストに投函したのは、この時だけだったんですが、郵便局で直接出すほうが早いのか、これだけとっても後から届きました。

この後、ノートルダム・ド・ラ・メダイユ・ミラキュルーズ教会へ
昼間のノートルダムはCathedraleですから、司教座教会ですが、こちらのノートルダムはChapelleなので、小教区の教会です。多分。
そのためか、荘厳で威厳があるというより、優しくて穏やかな印象の女性的な教会でした。
奇跡のメダル聖母教会
暗いですが・・・
到着したときは、ちょうどミサの終盤で、信者の方がいっぱいいらっしゃいました。
ミサが終ってから、奇跡のメダル(※)を買いました。
皆さまにご利益がありますように・・・
そうそう、日本人のシスターがいらっしゃいましたよ。
教会と月
教会から出て、ふと振り返ると、三日月でした。

1830年、修道女カタリナの前にマリア様が姿を現し、「心を込めてメダルを作り人々に恩恵を授けなさい」というお告げを残していきました。しかし、実際にメダルが作られたのはその2年後、コレラがパリを襲い2万人以上の死者が出るという不幸が訪れた時でした。
2000個のメダルが配られると、不思議なことにコレラは急速に鎮まったと言われています。以来、「奇跡、不思議のメダイ」と呼ばれ、今では世界中の人々がこのメダルを求めてバック通りの教会に足を運びます。
メダルの表にはマリア様の姿と「原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身により頼みたてまつる 我等のために祈り給え。」というフランス語の文章が入り、裏は十字架とMの文字、愛のシンボルである二つの心臓の周りを12の星が囲います。


その後、教会の並びのボンマルシェの食料品館へ。
パッケージのかわいいお菓子や紅茶やおいしそうなお惣菜がいっぱいです!
おいしそう♪
でも、みほおはお腹いっぱい・・・

あら?
昨日買ったクスミティーと同じのが2ユーロも安いじゃないの!
しかも、インフューザーなしのも売ってる!
この店のほうがよっぽど高級な感じなのに・・・(T_T)
旅先では、見つけたときに買っておけといいますが、もっと安いのを見つけてしまうと、なんだかかなしいですね。
悔しいので、インフューザーなしの別の種類の5缶詰め合わせを買ってやりました。

マリアージュフレールの紅茶が、他のはみんな高いのに、オレンジペコだけなぜか半額以下のお値段です。
もちろん、貧乏なみほおはオレンジペコをチョイスですよ。

キャラメルコーンと今日買ったもの
東鳩
なんだかかわいかった♪ちゃんとカタカナでキャラメルコーンって書いてます。

ホテルに帰ってから、奇跡のメダルを手持ちのネックレスにつけてみる。
つけてみた。
銀のほうはいまいちだけど、金色のほうは合ってるかな?
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/264-b91159b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。