Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.12 Mon  河鍋暁斎展
先日、また京都に行きましたの。
京都国立博物館河鍋暁斎』展を見に行ってきました。
急に思い立ったので、お一人で。

気にはなっていたのですが、何度も京都行くのしんどいし・・・と思って迷ってましたの。
でも、思い切っていってよかった!
質も量も充実してました。
質はともかく量が全然足りない、国立西洋美術館の『ウルビーノのヴィーナス』展は、見習うがいいですよ。

コンドルの『河鍋暁斎』(岩波文庫)を読んでから、ずっと見たかった絵も見られました。
大和美人図屏風
コンドルは鹿鳴館とかの建築家として有名ですが、実は暁斎のお弟子さんとして日本画を勉強してたんですよ。
そのコンドルのために暁斎が描いてあげたお手本です。

『地獄太夫と一休』
地獄太夫と一休 骸骨なのに、かわいい
親玉骸骨の三味線や、踊ってる一休さんと小骸骨の扇子も骨だけですよ。(見えないかな?)
こういうの好き♪

先月見た、東山魁夷も秋野不矩も日本画ですが、基本的な技術が違うなぁと思いました。
東山魁夷も秋野不矩も素晴らしいです。
でも、全部似たような雰囲気の同じような題材の絵ばかりともいえます。

暁斎は狩野派をメインとして日本画のいろんな流派を学んでいるので、様々な技法で自由自在にいろんな題材を描いています。
『鳥獣戯画』のように動物を擬人化した滑稽な絵もありますし、仏画も花鳥図も幽霊画もあります。
暁斎には、今見ても古びてない斬新さがあると思います。
今回の展覧会は巡回しないようですが、今後お近くで暁斎展が開かれるようでしたら、ぜひご覧になってみてください。



みほおが買った絵葉書
郵便屋さんと蛙力車 『鳥獣戯画』みたいで、かわいいでそ?
左は葉っぱのはがきを持ってる蛙の郵便屋さん。
右は蕗の葉っぱでできた蛙力車。


なんだか、真面目なの書いたの初めてかもよ?
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/325-8caab7d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。