Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.15 Sun  眠気を飛ばして
今日は、大阪シンフォニカーの名曲コンサートに行ってまいりました。

いつもどおり、シンフォニーホールのそばの喫茶店でお昼。
チキンカレー(鶏を煮込んだのではなく、チキンソテーが載っている)を食べましたが、まずかったです。
チキンが。 ヽ( ´ー`)ノ
食べ物がまずいのにどうしていつもここに来ちゃうのかしら?
人間って不思議~

飲み物は眠気をとばすと書かれていたジャスミンティーをいただきました。
コンサート中、睡魔に襲われがちなみほおには、直前に飲むのにぴったりです。


第52回 名曲コンサート
指揮 : 児玉 宏(音楽監督・首席指揮者)
ピアノ : 花房晴美
ウェーバー  歌劇「オイリアンテ」序曲
ベートーヴェン  ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op.73「皇帝」
グノー  交響曲第2番変ホ長調

解説に、「ベートーヴェンの第一楽章の主題は、『上を向いて歩こう』とそっくり」と書かれていて、

うぅえぇをーむーうーいーて~ あ~るーこうおうおうおう~

としか聞こえなくなってしまいました。 ┐(´ー`)┌


いつもどおり、演奏者いじりチェック
◇ 指揮者
児玉清みたいなダンディーなおじさんを想像(単に名前が似てるから)していたら、プチメタボなおっさんでした。
アタックチャーーンスッ!!!

◇ ピアニスト
すごい色のドレスを着ていた。
それは別にいいけど、髪の毛は何とかしたほうがいいと思いました。
白髪交じりなのか薄い色合いの髪の毛がわっさーとしていて、やまんばかと思いました。

みほおは音楽業界に全く詳しくないので、このお二人がどの程度すごい人なのかさっぱり存じませんけど、言いたい放題言ってていいのかしら?
ま、いっか!


◇ バイオリンの一番客席よりの後ろから二番目の人
み:天パかな?パーマかな?
妹:天パやろ。お金かけてあれやったら、無駄遣いやで。

◇ 第一バイオリンの第二バイオリン側の一番後ろの人
み:あの人、むっさ髪の毛きれい!
妹:ストパやな。むっさ不自然

妹はバイオリニストの髪の毛に大変厳しい姿勢で臨んでいるようです。


◇ ファゴット
1曲目:女の人とロン毛茶髮の男の人

きれいに手入れできないなら髪の毛を伸ばすな!
プリンになるなら髪を染めるな!

2曲目:女の人と短髪の男の人

短いけど、頭頂部の肌が露出気味。
そして、指揮者なんか目じゃない超メタボ。
心の中で芋洗坂と命名。(顔が似てるわけじゃないけど)

3曲目:女の人とロン毛茶髮の男の人と芋洗坂

芋洗坂の膝上が超短いことを発見!
普通に短い上に、出っ張った腹が膝上の1/3を隠していると思われる。


ジャスミンティーの効果か、今日は眠たくならずに最後までちゃんと聞くことができました。
ずっと上記のようなあほなことばかりぼんやり考えていた人が、「ちゃんと聞いていた」と言っていいのかはわかりませんけど。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/349-3eaada28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。