Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.20 Tue  梅と芭蕉
テンプレートを梅にしたので、梅にまつわるお話を。

まだ学生だったころ。
すなわち、干支一回り分くらい大昔の話。
友人たちと梅を見に偕楽園へ参りました。

深夜に。

どういうきっかけで梅を見ようということになったのかは、記憶に全くございません。
でも、無料だから夜でも開いてんじゃね?という判断の元、水戸まで行ったのでした。
行動力あったな、昔のみほお。
一人じゃなかったとはいえ。

到着してみると、偕楽園は夜は閉門されていました。
しかし、無理やり入園。

塀をよじ登る者
柵をひらりと飛び越える者
柵の隙間から体をねじ込む者


各者各様のやり方で忍び込みました。

入場料をケチったわけではない。
なぜなら、偕楽園は無料だから。
しかし無料とはいえ、夜間閉門されている場所に忍び込むのは確実に違法であろう。


非合法に園内に入り、たくさんの梅を自分たちだけで堪能ですよ。
うほほ。
梅はいい匂いがすることで有名ですが、みほおは嗅いだことがなかった。
しかし、さすが偕楽園!
匂いがしました!

で、本題でございます。
長々と書きましたが、上記は本題ではないのです。
本題は、

の花は、バナナの匂い

ということである。


梅の花ってバナナの匂いがするね!

無邪気に言ったところ、ご学友の皆さんがたは、鼻で笑い飛ばし、取り合おうとしませんでした。
大変ご不満でしたが、
多勢に無勢
バナナの匂い説は心の奥底にそっとしまっておくことにしました。

そして、去年。
北野天満宮に梅を見に行ったとき、家族に再び同じ問いを投げかけてみました。

梅の花ってバナナの匂いがするね!

失笑どころか、無視ですよ。
バナナの匂いするじゃん!と心の中で憤りましたが、
多勢+家族 に無勢
またそっと胸の奥にしまっておきました。


しかし!

見つけました。
バナナの匂いだと思う人を。
作家の三浦しをん
(ブログの該当する記事をリンクしようと思ったのですが、書籍になるらしく過去記事は見られなくなってました。)
直木賞作家だってバナナの匂いだと思うんですよ。
こりゃ確実にバナナの匂いを公認すべきじゃないかと思う。

三浦しをんも同意を得られたことはないといってはいるが。
直木賞作家だから嗅覚が鋭いということは全くないと思うが。



みほおは梅の花はバナナの匂いという感覚を抱いて、そっと生きていこうと思う。(-_-)
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/495-cb2fb2ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。