Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.24 Sat  ニューイヤー?
大阪シンフォニカーの名曲コンサートに行ってまいりました。

第55回 名曲コンサート
指揮:齊藤 一郎
ヴァイオリン:林 七奈★
ヨハン・シュトラウス Ⅱ : 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲
ヨハン・シュトラウス Ⅱ : ワルツ「ウィーンの森の物語」Op.325
ヨーゼフ・シュトラウス : ポルカ「憂いもなく」Op.271
ヨハン・シュトラウス Ⅱ : 新ピチカートポルカOp.449
ヨハン・シュトラウス Ⅱ : エジプト行進曲Op.335
ヨーゼフ・シュトラウス : ワルツ「うわごと」Op.212
オッフェンバック : 喜歌劇「天国と地獄」序曲
マスカーニ : 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
サラサーテ : ツィゴイネルワイゼンOp.20 ★
フォーレ : 子守歌Op.16 ★
ヨハン・シュトラウス Ⅱ : 狂乱のポルカOp.260
チャイコフスキー : 歌劇「エフゲニー・オネーギン」より“ポロネーズ”


ニューイヤーコンサートといえば、やはりウィンナーワルツです。
とのことですが、もう24日ですし、あんまり新年って感じもないのですけども。
でも、音楽がさっぱり分からないみほおは分かりやすくて元気な曲が好きなので、楽しかったです。
ウィンナワルツ、大好き☆

「エジプト行進曲」では、観客にも役目を与えられました。
シンフォニーホール舞台を囲む部分にも座席があるのですが、そこ(LA~LC、RA~RC、LLA~LLC、RRA~RRCと舞台の奥)に座っている人が歌うように指示されました。
チケットご購入時にすでにあまりがなく、LLCという大変舞台の見づらい席のみほおも参加ですよ。
息が漏れてる程度の声しか出しませんでしたけど。

「こんなことでは、戦争(「エジプト行進曲」は、戦の行軍の曲)に負けちゃいますよ!!!」
と、指揮者に叱られましたが、歌う習慣のないものにいきなり言われてもって感じですよ。
みほおの斜め後のおばちゃんは張り切って歌ってらっさいましたけど。

ところでみなさん。
「天国と地獄」って運動会で使われる部分って、序曲全体の最後のほうだけってご存知でした?
みほおったら、最初のほうに聞き覚えがないものですから、同じタイトルの違う曲かと思っちゃいましたわよ。
後半に入ると、一瞬にして運動会なご気分になり、脳内リレーが始まりそうになりました。

やっぱ運動会には、「天国と地獄」か「クシコスポスト」だな。(`∇´)


名曲コンサートでは、アンコールは基本的にないのですが、今回は3曲もありました。
サービス満点~☆
ヨハン・シュトラウス Ⅱ : 美しく青きドナウ
オッフェンバック : 「ホフマン物語」より舟歌
ヨハン・シュトラウス I : ラデツキー行進曲
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを意識したのでしょうか?
でも、ドナウは好きですし、ラデツキーで景気よく終わるのは大変結構でございました。


そしてこの後、景気よく、ティアードスカートなんぞご購入してしまいました。
もう34歳なのに、ティアード。
職場にはいていく勇気はもてるだろうか・・・?
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/497-aba549fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。