Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.02 Mon  鍾路区
プゴク屋さん
朝、ホテルの近くのプゴグ(干し鱈のスープ)のお店へ
お店のそばまで来て、少し道が分かりづらかったので、地図を確認してたら、そばの交番のおまわりさんが出てきて、プゴグ?って言いながら、連れてってくれました。
有名なの?
むっさ、庶民的なお店でした。
おいしかった☆
プゴク
なんか前日のソルロンタンと見た目が一緒・・・

日本に帰ってきてから知ったのですが、どうやらプゴグがお肌にいいとテレビで紹介されていたらしく、最近日本人観光客にプゴグが人気らしいです。
プゴクの素とかもよく売れているらしいです。
韓国人のほうが、なにが日本で流行ってるかを知っている・・・
でも、帰りに空港まで連れて行ってくれた旅行社の人は、プゴクはお肌にいいんじゃなくて、二日酔いや食べすぎにいいんだ!と言ってました。

清渓川

ホテルに戻る途中に通った、清渓川
李明博大統領がソウル市長だったときに、暗渠だったのを市民の憩いの場としたもの

朝陽がきれいでしたよ~
風がきつくて死にそうに寒かったですが。



世界遺産の宗廟へ
むっさ寒いです。
朝、近くだからとコートだけはおって出たら、死にそうになったので、マフラーも手袋も装備し、カイロも持ってましたが、でも寒い。
風も強く、お日様嫌いのみほおですら、日陰にはいたくありません。(-"-)

朝9:30開始の日本語ガイドツアーに参加しました。
お墓と宗廟の違い、普通の宮殿との違いなど、色々興味深い説明がありました。
ぼんやり見るより、説明があるほうが絶対面白いと思います。
宗廟 正殿 宗廟 永寧殿
大きくて、写真だと全部入らず、あんまし違いが分かりませんが、左が正殿、右が永寧殿
永寧殿には、梨本宮家の方子さまも祀られています。
ほんとは王と王妃にはならなかったので、祀られる資格はないそうですけど。
昌慶宮
宗廟と橋でつながってるお隣の昌慶宮(宗廟のチケットで入れる)を、少しだけうろついてから、李王朝の宮殿で一番古い景福宮へ
こちらも、日本語ガイドツアーに参加
祖霊のための宗廟とは違い、現世の人のための宮殿はやっぱり華やかでした。


←これは、昌慶宮
↓下は、景福宮

入り口の門 門のアップ
衛兵交代 正殿
裏山(笑) プライベート空間
青瓦台
ツアーが景福宮の南から始まり、北の方で解散になるので、景福宮の北に面している、青瓦台を見に行きました。
やっぱり大統領官邸だけあって、まわりにセキュリティの人がたくさんうろついてます。
目つきが厳しくて怖い。
銀杏




みほおはこういう人を見ると、無害な観光客ぶって、道を聞きたくなってたまりませんでした。
いや、全然道に迷ってなかったけども。

景福宮の周りの銀杏並木は黄葉がきれいでしたよ♪


歩いて、仁寺洞へ
ギャラリーや伝統的な物を売ってるお店が並ぶエリアです。
前に来たときに友達に連れてきてもらったんですが、むっさ楽しかったのですよ。
なので再訪
カルグクスとマンドゥ
でも、まずは真っ先にお昼ごはん
カルグクス(韓国のおうどん)とマンドゥ(韓国の餃子?)を食べました。
んまかった。
そして、なによりぬくかった。
ほんとにほんとに寒いんだもん!


おなかを満足させて、仁寺洞をうろうろ
くるみ饅頭を買って
伝統小物を買って
母が刺繍の額を買って
妹がポシャギ(韓国のパッチワーク)ののれんを買って
みほおは刺繍の指貫を買いました。

母が前日免税店で買ったのと同じコースターが半額以下で売られていて、大変ショックを受けていました。
そんなものよね・・・
伝統茶
伝統茶
母は五味子茶
みほおと妹はなつめ茶

なつめ茶は甘くてこゆいです。
五味子茶はわりとさっぱり系
みほおは五味子茶のほうが好きかな

一度ホテルに戻り、晩御飯を食べに明洞へ
晩御飯の前に、韓国海苔と柚子茶を買いに行きました。
ごちゃごちゃと大量にご購入
ガイドさんがくれた5%offのクーポンを持って行ったのですが、クーポンのおかげでその値段になったのか、なくてもこの値段だったのかよく分かりませんでした。
それにしても、海苔がかさばる!

海鮮料理のお店へ
みほおがすっごく楽しみにしてたお店です。
海鮮海鮮鍋
普通
すっごく普通
まずいわけじゃないけど、なんかがっかり。(´Д`)=3


ホテルへ戻る途中、眼鏡屋さんの前にたくさんフレームが並べてあったので、なんとなく見てたら、店員さんが出てきて、色々すすめられちゃって、ついついご購入
韓国の眼鏡は安いけど、最近は日本でも安いからあんまりお得感はなかったなぁ
でも、店員さんが感じいい人だった。(゚∀゚)
翌日取りに来ることになりました。

ゆるキャラ ちょんのくん
宗廟や景福宮などの鍾路区の文化遺産の周辺をうろついてて見かけたゆるキャラ。
ちゃんと読めないけど、たぶんチョンノ(鍾路)って書いてると思う。
なので勝手に、妹とちょんのくんと呼んでました。
かわいい☆
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/596-df87b294
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。