Index
--.--.-- --  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.31 Thu  近寄れない恐ろしさ
昨晩、「水10 ミラクルタイプ」を見ておりましたら、腐女子のふーちゃんが出ておりました。
みほおは腐女子ではないとの確信が強まりました。
みほおは職場の同僚を見ても、おかしな妄想はいたしません。
一定以上の年齢で、ある程度男前なのに独身の人のことは、ゲイだと決め付けますけれども。
それにしても、腐女子の話題を出した途端にテレビでも!
話題の先取りと言えましょう。

さて、なぜみほおはコミック売り場に近づけないのか。
勇を鼓して、売り場に行ったことも何度かございますの。

なんで、みほおが行ったときに限って、ゴスロリ満開な女の子(※1)がいっぱいいるんでしょう?

なんで、上まできっちりボタンを留めたポロシャツをタックつきの綿パンにインして、ぱんぱんのリュック(※2)を背負った、鼻息の荒い人が鈴なりなんでしょう?

なんで、こういう人たちは声高に熱く語っていたりするんでしょう?
しかも決め付けた口調で。

なんで、こういう人たちは、たまたまそばに来た罪もない会社員を、冷たく厳しい目つきでチラッとだけ見るんでしょう?
いたたまれねー・・・
おもくそ睨みつけられたほうが随分ましです。
ガンつけなら負けねーぞ!(`д´)ノ

ねぇ、領空侵犯しちゃった?
君たちの領域を侵しちゃった?
てか、君たちだけの領分なの?
おばちゃん、怖くて近づけねーよ。
もっとやさしくしたほうが、いいよ。キミタチ。


※1 ただ伸ばしただけの腰までロングの太め(控えめ表現)とやけにガリガリのなんか色んな意味でパンチの効いた二人組が多い
※2 ポスターがはみ出てる



被害妄想?
みほおの行きつけの書店が、日本橋(大阪の秋葉原)に近いから?
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mihoonikki.blog98.fc2.com/tb.php/61-cb607d82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。